【廃車寸前?】5万円の激安中古車を買った話【半年以上乗った感想】

お気に入りのモノ

隣の高級車に少しも引けを取らないボディの輝き

最近のクルマとは違う、小柄でかわいらしい乙女を感じさせるフォルム

いつ見てもたまらんなぁああ…

あ、失礼。

そうです。今回激安な中古車を買った人はわたしです。

 

あるとき

「転職先の次の職場は片道30キロか…さすがに原付じゃきついな…」

そんな理由により、クルマを探していました。

 

さっそくG神で[熊本 中古車]で検索して………激安な車を発見!

 

どれぐらい安いかといえば…

その時点での県内最安値だったし、わがやの中古の原付(スーパーカブ)より安かったです。

 

1997年製vivio

車体価格:2.8万円
整備費など:3.0万円
支払総額:5.8万円

正直に言います。

こんな私でもほんの少しは悩みました。

 

だって車体価格より整備費のほうが高いって…

稼ぎより整形費用がかかっちゃったキャバ嬢みたいだし。

 

ヴィヴィ子
ヴィヴィ子

しつれいしちゃうわね!

 

でも販売店で実車を見て、店内試乗したらすぐに惚れましたよね。

・まず何より見た目がカワユイ(死語)

・屋根があるから雨が入ってこない(たぶん)

・いまどきミッションなんてエコ

・こんなふざけた値段の車を買うのは、一生に一度あるかないかの大チャンス

 

なぜかテンションマックス。

 

「もはや熟女すらほめ言葉なレベルの古さだが…まあ半年もてば十分だな…よし、買う!」

 

ところが気づけば半年をあっさり超えて現在交際8か月。

(追記:平成30年9月現在、1年以上が経過しました。元気に走ってます。)

(追追記:平成30年12月、車検の見積もり出したら20万円(購入価格の3倍以上)だったので、真剣に迷いましたが、泣く泣く永眠してもらいました・・合掌。

まだまだ元気だったのに(ToT)/~~~

 

そんな経験をふまえて今回一番伝えたいこと。それは、

「車は欲しいけど高くて買えない!」

と思い込んでいるそこの青少年や

 

「激安な中古車を見つけたけど、ちょっと怖い…」

と迷っているあなた。

 

まよわず一番安いクルマ、買っちゃいなよ。最高だぜ。

 

 

(もちろんクルマがすぐに壊れても責任は負いかねます)

 

そんな彼女をご紹介

こちらがカー○ンサーというマッチングサイトで彼女を見初めたときの画像です。

 

ちなみに買ったのは2017年8月。

【見つけた時の気持ち】
「車検1年半ついてる❤・・・(車体価格ってほぼ車検代じゃね?)」
「ETC付いてる❤・・・(高速乗って壊れないか?)」

それでこのお値段。

もちろんすぐに直メ…じゃなかった電話で問い合わせましたよね。

 

そんなに安くてトラブルはないの?

えー、バッテリー上がりが2回ありました。

それはですね…

わたしがスモールライトを消さなかったからです。

 

ここ数年は若い子(最近の車)にばっかり乗っていたから、、

「エンジン切ったときライト点いてたらピーってお知らせするわね♡」

ってのに慣れてたのがいけなかったです。

 

「あうん」の呼吸、もしくは「目と目で通じ合う」のが昭和の熟女の魅力

ヴィヴィ子
ヴィヴィ子

これでも平成生まれよ!

 

あとは…

・寒い日の朝はメーターの裏で謎の「カラカラ」音

・オーディオにCDを何度入れても即リバース

・リアワイパーがガラスじゃないところ(車体)をみがく

どれもトラブルとも言えないようなトラブルですよね?

だって5.8まんえ…

そんなトラブル、星の数ほどある魅力の前にはかすんじまいます。

 

 

激安中古車のここがステキ

それでは星の数よりも多い『魅力』の中からほんの一部をご紹介します。

 

キャッシュでカッコよく買える

「クルマを買う」=「カーローン」

いまはこれが常識ですよね。

 

「おう!コレでたのむワ!」と現金でバシッと買えるのは、よほどのお金持ちか貯金が趣味な我慢強い人でしょう。

 

ところが、コミコミ5万円程度の激安中古車ならカッコよく現金で買えちゃいます。

 

ちなみに、今回は特別にわたしが買ったときの状況をお話ししときます。

ぜひ参考にしてください。

 

わたし:「えーと、カードでお願いします(ちょっと今月苦しいしな…)」

店員:「いや、10万円以下の値段ではカード使えないんですよ…(この値段をカードだと?)」

(気まずい雰囲気…)

わたし:「じゃあ、ちょっと後日持ってきます…」

店員:「よろしくお願いします…」

このように激安にもかかわらずヘタにカードで買おうとするとカッコわるい目に合います。

 

ヴィヴィ子
ヴィヴィ子

まじダサダサなんですけどー

 

ぜひカッコよくキャッシュで買って、

「現金払いでクルマ買っちゃたよ~」

と、友達や彼女に自慢しまくってくださいね。

 

毎日がレーサー気分

これは特に昔の軽自動車(1998年より前)の場合ですが…

車体が今の軽自動車よりもひとまわり小さいため、「こころもとなさ」がすげえです。

 

たとえば「自転車で時速40キロ」って、たぶんめっちゃ速く感じますよね?

同じ原理により、

「小さくて心もとないクルマの時速60キロ」は

「普通のクルマの時速90キロ」と体感速度がほぼ同じ。

 

そのうえミッションだから、60キロしか出してないのにもう毎日がレーサー気分。

 

一般公道が高速道路に。

高速道路がレース場感覚に。

 

高速で走ってるときの限界に挑んでる感はハンパないです。

ピットインできないF1って感じですかね?

 

今から激安中古車を買おうとしているそこのあなた!

どうせ買うなら昔(1998年以前)の軽自動車で、かつミッション車をおすすめします。

マジ楽しいですよ?

 

おちゃめなポンコツ具合

例えばスピードメーター。

「おばあちゃんの指先」みたいに小刻みに震えてるし。

「超がんばってるんですけどーーウケるー」って感じ。

 

ドア開けるときは毎回「…ギーッ」


毎日秘密の宝箱を開けてる気分。

 

さきほどお伝えしたリアガラスのワイパー。

とにかく一生懸命なのが伝わってきますのでぜひご覧ください

「ガンバレー」ってつい応援したくなりますよね。

 

このようについつい笑顔にしてくれるポイントが満載です。

 

だいたい「自動車」って何?

たしかに最近の若い子たち(新車)が魅力的なのはよくわかります。

 

そりゃ気が利きますよ(最新機能)。

生娘(まだ誰も乗ってない)なのもいいですよ。

 

しかし!

ちょっとよく考えてみてください。

そもそも「自動車」って何なのかを忘れてやしませんか?

角川の1989年の国語辞典には「発動機の動力で軌道なしに走る四輪車」と記載されている

・wikipedia

そう…4つタイヤがついてて、道を自由じざいに走り回れる…

それが、自動車です。

 

カーナビとか自動運転とか…まあそれもいでしょう。

 

でも、4つタイヤがついてて、その上屋根があるから濡れないし、毎日がレーサー気分で走れる…

あなたは自動車にこれ以上何を望むんですか?

 

資本主義社会の成れの果てに行きついた、過剰広告やいらない機能に踊らされていませんか?

もう一度自分の胸に手を当ててよく考えてみましょう。

 

…自動運転ってきっと楽だよね。カーナビ超便利だったなあ

 

激安中古車に8か月乗った感想まとめ

最後は隠しきれない『負け惜しみ感』が漂いましたが、ともかく激安中古車の魅力が存分かつふんだんに伝わったのではないでしょうか。

 

ちなみに8か月経過した現在、大きなトラブルもなく、エンジンは絶好調。

 

(追記:車検切れの1年4か月間、最後まで絶好調でした・・最後までありがとう。合掌)

 

ちょっとやそっとのトラブルや不具合を「かわいいな~」と思えるちょっと変わった趣味をお持ちのあなた。

そんなあなたなら大満足のカーライフになることうけ合いです。

 

ヴィヴィ子
ヴィヴィ子

要するにあんたは変態だったのね。

 

今回はここまでです。

さいならー



天使マーサ
天使マーサ

ポチっと押して、応援してね!!

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました