【地方移住】古民家暮らし3年目で思う「次に買うならこんな古民家が理想的!」

古民家

どうも、masa-T(@freedas_)です。

我が家が古民家に移住したのは熊本地震の直前、平成28年の3月でした。

天使マーサ
天使マーサ

すごく揺れたけど、なんとかぶっ壊れずにすんだのよね

引っ越したころの我が家

 

この地域は震度5強だったと記憶しますが、それぐらいまでは古民家はぜんぜん大丈夫(中にいるのは超コワいけど)。揺れを受け流せることが分かりました。

 

ちょっとマニアックですが、日本の伝統工法である『石場建て』は地震に強いと信じていたので、なんとなく立証されたような気でいます。

 

改修中に見えた柱の足元。石にのってるだけの石場建て

 

 

ともかくそれから2年が経過し、古民家暮らしも3年目。

今住んでいる古民家のいいところ・悪いところがだいぶ見えてきました。

・これから古民家を買いたいと思っている

・引っ越しが決まった先で古民家に住むかどうか迷っている

そんなあなたに、古民家暮らし3年目のわたしが「次に買うならこんな古民家!」を語ります。

きっと参考になると思います。

 

お隣さんとはほどよい距離感が◎

わたしが最初に描いていた理想の古民家は、一番山奥の、それ以上先には家がないような場所でした。

 

もちろんお隣さんなんて5分ぐらい歩かないといないような場所を想像していたんですが、実際に買った古民家はそこそこ密集した集落。それも平地。

 

お隣さんとの距離は、狭い道路を挟んでお向かいに2軒とけっこう近いんですが、道路側はブロック塀と蔵でさえぎられており、家の中にいれば物音はほとんど届きません。

 

隣に家はあるけど、家の中で過ごす分にはお隣さんをほとんど意識せずに暮らせていますので、この距離感はまあまあよかったと思います。

 

今思えば、周囲にまったく人がいないというのもちょっと寂しすぎたかもしれない。

 

ただ、移住当初チャボ(ニワトリの小さいヤツ)を放し飼いにしていたんですが、お隣さんの庭まで行って家庭菜園を荒らしてしまったことがありました。(家の周囲をすべてネットでおおって解決)

だからぜいたくを言えば、もう少しお隣との距離があってもいいなと思います。

 

集落って、親族が隣に家を建てたりして密集してきた歴史があると思います。

 

わたしが住んでいる集落にもけっこうお隣との境目があいまいだったり、屋根が触れそうなぐらい家どうしがすれすれに建っていたりするのですが、そんな家はおすすめできません。絶対気を使うし、ややこしいことのタネだと思います。

 

もしも今から選べるのであれば、「お隣さんとの間に1つか2つ田んぼや畑があるぐらいの距離感」の古民家を探します。

 

やっぱり大事!きれいな水回り

わたしたち夫婦がこの家を選んだ大きな理由の一つに、「住もうと思えばすぐに住める」というのがありました。

 

そして「すぐ住める」条件として、トイレ・台所・風呂の水回りがすぐにでも使えるレベルであることが絶対にはずせないポイントでした。

【水回りの状態】

トイレ:洋式でウォシュレット。男性用便器の小部屋あり

風呂:おそらく10年前ぐらいに改修。浴槽は比較的あたらしいものの、洗い場に洗濯機がある

台所:おそらく30年前ぐらいに改修。床はフローリングでシンクも大きいが、全体的に古い。

こんな感じで、すぐに使えはしたものの、正直お風呂と台所はガマンしてやっと使えるレベルです。

 

台所とお風呂、ともに改修していく計画ではありますが、正直いつになるやら…

もしも今から古民家を買うとしたら、水回りがきれいに改修してある物件にするか、改修したうえで引っ越しますね。

 

ほどよいサイズの古民家がいい

そう、古民家って正直大きすぎることが多いと思うんですよ。

 

うちはそこまで大きいほうではないですが、それでもまったく使わない部屋が2つぐらいあります。

掃除や維持を考えると、もう少し小さな家でもよかったな…と思います。

 

民泊とかゲストハウスにするのなら大きいほうがいいかもしれませんが、たとえばうちのように家族4人とかで住むなら、そんなに大きくないほうがおすすめです。

 

わたしが次に住むなら、3部屋プラス土間とキッチンぐらいの家が理想です。

 

カビにくい立地・構造

これ、「古民家あるある」だと思うんですが、夏場の湿気とカビはけっこう覚悟したほうがいいです。

 

そしてこれにはいくつか原因があると思っています。

・田んぼの中に作った家などは、もともと地面の湿気が多い

・昔は生活のために水が確保しやすいところに家を建てたので、湿気が多い土地になりやすい

・家の裏が山などの斜面になっている場合、どうしても水脈の通り道となりやすい

・伝統的な古民家は床が高く、床下を通れるぐらいスカスカな作りで、湿気がこもらないようになっていた。ところが昭和以降、周囲から床下に入れないようにブロックや板等でふさいでしまい、湿気が逃げにくい構造になっている家が多い

ちなみに我が古民家も床下をブロックや板でふさいでいる箇所がけっこうあるので、これを開放すれば少しは湿気がこもりにくくなるのではないかと思っています。(冬は寒いかもですが…)

 

湿気がこもりにくく、カビが発生しにくいような立地の古民家がベストですね。

もしもまた古民家を買うなら、し周囲より小高くて斜面がせまっていない、風通しのよい土地に立っている、伝統工法(石場建てで床が高い)の古民家を探しますね。

 

理想の古民家まとめ

・お隣さんとは、畑一枚~2枚程度、ほどよく離れている

・キッチン、トイレ、風呂などの水回りが改修済みできれい

・3部屋プラス土間とキッチン程度のほどよいサイズ

・少し小高くなっていて、斜面がせまっていない風通しのよい立地

・伝統工法の石場建てで、高床

いいですね~こんな古民家。マジで理想的!

 

悪魔サヤ
悪魔サヤ

まあ、そんな家なかなかないだろうけどな!

 

たしかになかなかないかもしれませんが、日本全国のいなかでどんどん空き家が出ている現状。探せばある気もします。

 

そして理想はあれど、今住んでいる家もなかなか気に入っていますから『住めば都』なのも確かですな。

以上、わたしが思う「次に買うならこんな古民家が理想的!」でした。

 

天使マーサ
天使マーサ

ポチっと押して、応援してね!!

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

 

 

フリーダスなつながり
RSS
Facebook
Facebook
Google+
https://freedas.net/2018/06/17/review-of-japanese-old-house-that-life-3-years/
Instagram

コメント

Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial
タイトルとURLをコピーしました