【一本植え農法】実践中!田植えから1ヵ月経過。ふつうの田んぼと苗を比べてみた

一本植え農法 実践編1ヵ月 自給自足

どうも、masa-T(@freedas_)です。

今までの常識では考えられないくらい、「省スペース・省労力」で米作りができるから、自給自足にはもってこいの『一本植え農法』についていくつか記事を書きました。

 

天使マーサ
天使マーサ

まだ読んでいない人は過去記事をぜひ読んでみてね!

【革命的農法】『一本植え農法』って知ってる?前編:自給自足にもってこいな農法!
2016年3月に田舎に移住し、「いつかは田んぼで自分の家族が食う分ぐらいは米を作ってみたい!」と思いつつ田んぼ持ってない...
【革命的農法】『一本植え農法』って知ってる?後編:実際の流れと秘訣
24時間テレビよりもだんぜん地球を救えそうな『一本植え農法』。 その全体像は前編に書きました。 ...

 

本日6月25日。たぶん熊本では昨日(6月24日)が田植えのピークだったと思います。

わが家のまわりの田んぼも次々に苗が植えられていきました。

 

さて、そんな風景の中、世間とズレたわたしが実践しているのがその『一本植え農法』

 

悪魔サヤ
悪魔サヤ

マジで世界を救えるくらい常識を破るすげえ農法だぜ!

 

この『一本植え農法』の特徴のひとつが「早めの苗代づくりと早めの田植え」なんです。
わたしも約一か月前の5月27日に田植えしました。

田植えの様子も記事にしてます

 

【革命的農法】『一本植え農法』って知ってる?報告編:裏庭で実験!ミニミニ田んぼ作りました
省スペースで省労力!食料問題の解決に一役買いそうな『一本植え農法』。 ワー...

 

今回は『慣行農法』と『一本植え農法』ちょうど1ヵ月違いの苗のようすがどれぐらい違うのかをご報告します。

 

せいくらべ!なんと苗の背丈は3倍以上の差に

 

まずはうちのご近所の田んぼの苗のようす。背たけは目測で8㎝前後

慣行農法の田植え直後のようす

 

次にわが家のミニミニ田んぼの苗をごらんください

一本植え農法 一か月後

 

ちょっと雑草が多くて分かりづらいかもしれませんが、目測での背たけは30㎝以上!

その差は約3倍以上!ヘタすりゃ4倍!

(※もちろん、背が高いのがいいことかどうかは分かりません。)

 

わたしは今年初めて自分で田植えをしたぐらいの素人なので、まずこんなに差があることにびっくり。

 

天使マーサ
天使マーサ

田植えがこの時期だってのもはじめて知ったのよね

そもそもわが家の苗は、田植えの時点で12㎝程度はありましたから、一本植え農法では大きく育ててから田植えをすることがよくわかりました。

それから素人目線でおどろいたことがもうひとつ。

マサヤ
マサヤ

ふつうの田んぼって、苗と苗の間がマジでせまいな!窮屈そうに見える…

 

株間の違い 一本植え農法

そうなんです。知ってはいましたが、『一本植え農法』の株間30㎝を毎日眺めていたせいで、ふつうの田んぼの苗はすごい密集して植えてあるように見えるんです。常識からすればたぶんこっちがオカシイんでしょうけど。

 

ともかくこの広いスペースに、100本以上に『分げつ』した大きな苗が育つとのことなので、これからも注目です。

 

天使マーサ
天使マーサ

間がスカスカだから、まだまだ大きくなっても大丈夫ね!

一本植え農法実践から1ヵ月の感想

裏庭の畑と田んぼ

自給農法実践中のわが家の裏庭。右下がミニミニ田んぼ

 

いいのかどうかは分かりませんが、とにかく大きく育っていることが分かった我がミニミニ田んぼの苗たち。

 

まだ一か月ですが、この時点で感じた『一本植え農法』のいいところをいくつかあげてみます。

・田植えが梅雨入り前なので、田植えの時に雨に降られにくい(昨日はどしゃ降りの中みなさん田植えしてました)

・5月中に植えてしまうので、ある程度すずしい気候のなかで作業できる。

・苗がのびのび育っているように見えてうれしくなる

正直、5月に田植えしたときでもけっこう暑かったですが、例えば今日(33℃)よりは絶対すずしかったですね。

 

むしろ機械で植えない方法なので、「すずしくないとやってられない」とも言えるかもしれません。

 

それでは今回は以上なんですが、

ちょっとおもしろい情報があったのでシェアします。

 

実はわたしが一本植え農法を教えていただいた、『本田さん』のワークショップを主催した『ジャー村さん』のフェイスブックに、【革新稲作法】というまた別の稲作の方法が詳しくアップされています。

 

興味がある方はぜひごらんください

写真とともに、詳しく解説されていて分かりやすかったです!

天使マーサ
天使マーサ

この農法だと『代かき』がいらないから素人でも挑戦できそうね!

 

さて今回はここまでです。

ミニミニ田んぼのようすは定期的に記事にしようと思います。

最後まで読んでいただきありがとうございました!

 

天使マーサ
天使マーサ

ポチっと押して、応援してね!!

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

 

フリーダスなつながり
RSS
Facebook
Facebook
Twitter
Visit Us
Instagram

コメント

  1. 新木隆史 より:

    澎湃と自然農法の取り組みが進み始めていて、いかに多くの農人たちが過去の農協などからの指導による農法に矛盾を感じていたかを考えされられます。自然農法の作物が何よりも美味しく栄養価も高くバイタルを備えていることを聞き及び意を強くしています。特にここで示されてている一本植え農法などはさらに、稲の育つプロセスの考え方も見直されており素晴らしいと感じました。

    • freedas より:

      コメントありがとうございます。
      ほめていただき感激です。
      自分の哲学として、「人間は自分がされたことを畑にもする」というのがあります。
      なので今の慣行農法の根っこをたどると、国の体制や農協はもちろんですが、明治以降の近代学校教育が畑に投影されているのだと感じています。
      雑草のない肥料たっぷりの黒い畑に、単一作物が薬漬けになっている。
      よく考えると、同じ価値観を押し付けられて、カロリー満点の食事に予防接種など、人間も同じなんですよね。
      結局、子供たちの感性しだいで、今後の農業の姿が変わっていくのだと思います。
      コメントがうれしくてつい長くなりました。
      ありがとうございました。

Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial
タイトルとURLをコピーしました