自然農講座で学ぶ『自給農法』実習編⑥:まるで武道家!?らくらく畝(ウネ)作り!

自給自足

どうも、masa-T(@freedas_)です。

 

遠路はるばる山梨までクルマでたずねて教わった『自給農法』。

忘備録として始めたこのシリーズもついに10回目。

天使マーサ
天使マーサ

過去記事はカテゴリー自給自足あれこれを見てね!

 

カテゴリー:自給自足あれこれ

 

実習編6回目の今回は、畝(ウネ)のつくり方です。

 

年をとってもできるウネづくり

自給農法の魅力の一つは、「がんばらない農法」であること。

ただ単に「らくな農法」ではなく、自然のチカラを利用することで、「いらない努力をしない」ことが極意。

悪魔サヤ
悪魔サヤ

たしか自然界の「森にむかう力」を利用して作物をそだてるんだったよな!

 

そしてその「むだな力を使わないスタンス」は、ウネづくりなどの作業方法にも一貫しています。

 

天使マーサ
天使マーサ

…どうゆうこと?

 

百聞は一見にしかず。

まずは講師のジャンさんがウネを立てるようすをごらんください。

自給農法のウネ作りの手順

①クワをかるく持ち上げて…

 

②根が張っている表層にクワの重みで落とす

 

③根をはがすように、柄を奥におこす

 

④根がガンコなときにはまわして※通常は③⇒⑤の順です。

 

⑤そのまま根ごと手前に寄せる

 

悪魔サヤ
悪魔サヤ

…こやつ…できる!
って、マジで武道家なみに動きにムダがないな!

 

 

よかったらもう一度スクロールして、ジャンさんの立ち姿を中心に見てください。リラックスして動きにムダがない、達人の域に達した武道家そのものです。

 

正直今までヒーヒー言ってウネを作っていた私からしたら、「そんなんでいいのかよ!」というレベル。

 

この後実際に同じ要領で体験させていただいたんですが、ビックリするほど楽!とにかくラクチン!

クワの重みを利用するので、自分の力はほんの少しですみます。

 

悪魔サヤ
悪魔サヤ

たしかにこれならお前がジジイになってもできるな!

楽(自然)な動きを追求していくと、どんな道でも達人レベルは同じような動きになるようで…

 

ジャンさんが「リラックスしながら作業するときに、リズムが大切。意外とレゲエが合う」と言ってました。お好みの音楽を聴きながら楽しいクワワークをどうぞ。

 

らくらくウネ作り3つの『秘訣』

 

秘訣①:長柄の『備中クワ』

まずは写真を見てください。

この『備中クワ』って、一度も使ったことがなかったんですが、雑草が生えた根土を起こすときにはとにかく楽だと実感しました。

 

 

ジャンさんのお話では、その昔備中クワが普及したことで日本の耕地面積がすごく増えた歴史があるらしいです。

そんなおすすめの備中クワなんですが、実は今日本で売られているほとんどのものは軽量化されて作られているとのこと。

 

この日、実はホームセンターの備中クワもあったんで使い比べてみたんですがその差はマジで赤ちゃんと関取りレベルの違い!

 

軽すぎてまったく土にささらないんです。なのでおもいっきり力を入れる必要がありました。それから柄もぜんぜん短いです。

 

昔ながらのずっしりとした備中クワを手に入れる方法として一番早いのは、小道具屋などで中古品を探すことだと思います。

Q:新品でいいものはどこにもないの?

A:調査すると昔ながらの『手打ち』で作っているものなら少しは重い備中クワがありそうです。が、ジャンさんのクワほど重いものは見つけられませんでした。

なんとジャンさん、そのうち自分で作ると言っていたので、そうなったらジャンさんから買いましょう。

 

それからもう一つのポイントは『長い柄』。

①柄が長いから、少し離れていても腰を曲げずに作業ができる

②体からクワまでの距離が遠くなるので、『てこの原理』がはたらき、力が最小限ですむ

と言う感じです。

もしもそんな『長柄で重い備中クワ』が手に入る人は本当にラッキー!

 

 

秘訣②縦でなく横に移動

これ、知ってしまえば「そりゃあこっちが楽だわ」とうなずく方法論。

 

自分なりに図にしてみました。

ちょと分かりづらいかもしれませんが、言葉にすると、

今まで:後ろ向きに歩きながら、足元前方の土を起こし、横に土を上げて自分の横に畝を作っていく

自給農法:カニ歩きの要領で横に進みながら、ウネになる場所の向こうの土を起こし、手前にウネを作っていく

こんな感じです。

写真でもう一度確認してみましょう。

この『横歩き』だと、腰をひねるうごきがないので、上半身はずっとおなじ方向をむいていられます。

 

それからもうひとつ。写真でもわかるように、ウネの中心から見て奥側の根土を返します。

中心から見て左右をそれぞれ起こして一つのウネにしていきます。

だから長柄であることが大切なんですね。

 

秘訣③:表層の根土だけを掘る

今までの感じでお気づきだと思いますが、この自給農法のウネ、ふつうよりも低いです

 

自給農法で「そもそもなぜウネを作るのか?」その考え方を知るとウネが低い理由が分かります。

・次世代土壌を集めるため

・人の歩く通路と作物がある場所を区別するため

・抑草効果を得るため

一番の理由は、次世代土壌を集めることなんですね。

 

 

上の図の赤丸とクワのイラストはわたしが入れたものです。

根土だけの表土を集めるようにウネを作るので、低いウネになります。

ただし、過去記事でご紹介した、「土かけ3回肥料いらず」を実践するうちに、だんだん高いウネになていくそうです。

天使マーサ
天使マーサ

ちなみにウネの幅はどれぐらいで作るの?

幅は50~60センチぐらいだそうです。これは普通のウネとだいたい同じぐらいの大きさではないでしょうか。

 

感想:『重み』を利用しなくなった日本人

自給農法の自然の力に逆らわず、じょうずに利用するスタンスには脱帽です。

哲学が、このように実際の作業にまで落とし込まれていますね。

 

それから今回このクワワークを教わっているとき思い出したのが、料理で一番大切な道具である『包丁』のこと。(飲食業界に5年ほどいた経験あり)

 

和食の世界では、重いほどいい包丁とされていて、しかも実際に使いやすいんです。

 

ちなみに和・洋・中全ての包丁を使った経験がありますが、意外にも中華包丁が慣れたら一番使いやすかったですね。

その理由はあの大きな包丁の重みを使うから。

杉本 中華包丁 No.6

大きくて重たい中華包丁

 

例えば野菜を切るとき、力を入れて切るのと、包丁の重みで切るのでは切り口の美しさが全く違います。

 

そんなこんなを考えてみると、たしかに「世の中軽いもんばっかりになったな~」と気が付きます。

 

タバコは軽い(タールやニコチン)銘柄が増えたけど、そのぶん本数が増えたり。

お茶碗はプラスチックになって割れないけど、不用意にあつかえる分、こどもが不器用になったり。

 

「『楽』をしようとなんでも軽くして、かえってきつい目に合っているのが現代人なんじゃねえか」とかジイさんみたいなことを思ったウネ作りでした。

 

逆に重たいものを利用することで、かえって楽になることって、実はまわりにたくさんあるのかもしれません。

 

天使マーサ
天使マーサ

…なんかぼんやりした感じのシメになっちゃったね

説教しかすることがなくなったジイさんのようにぼんやりしながら今回はここまでです。

いよいよ次回は最終回!

の予定です。

 

自然農講座で学ぶ『自給農法』実習編⑦:畑で習ったあれこれを総まとめ!
祝!最終回!! これで完結! 今まで『座学編』を4回、『実習編』がこれで7回目なので、なんと...

 

天使マーサ
天使マーサ

ポチっと押して、応援してね!!

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

 

フリーダスなつながり
RSS
Facebook
Facebook
Google+
https://freedas.net/2018/06/05/report-of-self-support-farming-training-part6/
Instagram

コメント

Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial
タイトルとURLをコピーしました