【自然農法マメ知識】いいタネの選び方前編:『F1種』と『固定種』ってなに?

自給自足

どうも、masa-T(@freedas_)です。

今回はいわゆるタネ問題(?)についてです。

 

自然農法についていろいろ調べていると、目にするのが『固定種』ということば。

いっぽう、慣行農法で使用されている多くのタネは、『F1種』(雑種一代)。

 

わたしが自然農法を実践する中でも、このタネに関してはけっこう気になるところだったので、慎重に購入してきました。

固定種はおもに『野口のタネ』で購入しています

 

そんななか、先日参加した『自然農講座』で、「一般的に売られているタネの見分け方」を教えてもらいました。

そのことは過去記事:自然農講座で学ぶ『自給農法』実習編⑦:畑で習ったあれこれを総まとめ!にも少し書いています。

 

そこからさらに突っ込んで調べて、詳しい内容でまとめたのがこの記事です。

・自然農法が気になるけど、タネってどうやって選べばいいのかな?

・やっぱりF1はやめたほうがいいのかな?

・近所のホームセンターのタネは買っちゃいけないのかな?

そんな悩みをおもちのあなたには、きっと役立つ情報になっています。

 

『F1種』はこんなタネです

悪魔サヤ
悪魔サヤ

さっきからふつうに『F1種』って言ってるけど、なんのことだよ!

 

かんたんに言えば、

大量生産・大量消費の商品作物用に交配された、1代限りの収穫を目的としたタネ

です。

あっ、ちなみにこれわたし流に言ってます。こむずかしい定義はウィキ先生をどうぞ。

 

大量生産・大量消費の商品作物用」とはどういうことか、これは『野口のタネ』の野口勲さんのサイトから引用します。

農家の手間がかからず(耐病虫性で生育期間が短く、揃いが良くて結束や梱包しやすく)、輸送中荷傷みしない。市場や店頭で日持ちがし、市場を支配する納入先である外食産業(ファミレスやコンビニ弁当など)で機械にかけて調理しやすく、また調理後の色が良いことなどが育種の重要条件であるため、年々消費者が買える野菜が、色や形、保存性が良くなった代わり、硬くまずくなっているのです。

野口のタネ

味はともかく、これらの特徴が大量生産するにはもってこいなんですね。時代にフィットした特徴といえそう。

 

1代限りの収穫が目的」であるというのもポイントで、これは中学の生物で習った「メンデルの法則」ってやつです。

・遺伝子的に純粋な親どうしを掛け合わせると、最初の子供(1代目)は両親のいいとこ(優性)どりで生まれる

・さらに次の世代になると優劣バラバラな要素の子供がうまれてきて品質がそろわない。

だから「1代限り」なんですね。

 

日本人とヨーロッパ人なんかのハーフがたいていビジュアルがいいのもそのためですが、今の野菜はいわば強引にハーフの人ばっかりの国を育てているような感じでしょうか。

天使マーサ
天使マーサ

ステキな国ね。行ってみたいわ~

 

 

そして「1代限り」にはもうひとつ理由があります。

それは『雄性不稔』ってやつです。

一言で言えば、「花のおしべがない遺伝子異常」(人間でいう無精子症)。

 

【F1種と『雄性不稔』について】

・植物はたいてい一つの花の中におしべとめしべがあって、自分で受粉する

・人工的に他の品種と交配させたい場合、「花Aのおしべ」を使えないように(除雄というそうです)して「花Aのめしべ」と「花Bのおしべ」で受粉させる。

・昔はこのように毎回おしべを取り除く作業(除雄)が必要なんで、一代雑種を作るのはたいへんめんどうだった。

・自然界ではごくたまに最初からおしべがない遺伝子異常を持った個体が生まれることがあって、これが『雄性不稔』。

・『雄性不稔』の品種を使えば、いちいち雄しべを取り除く必要がないから楽に交配してF1種が作れる。

・そのため、今大量生産されている『F1種』野菜のタネはほとんどがこの『雄性不稔』を利用している。

・『雄性不稔』のこどももまた『雄性不稔』になりやすい。すなわち、F1種の作物からはタネができにくい。

悪魔サヤ
悪魔サヤ

ようするに、知らないうちに遺伝子異常の野菜ばっかり食べてたんだな!

『固定種』はこんなタネです

かんたんに言うと、

同じ作物の中で、特に優れたもののタネだけを選んでまいて、また選んでまいて…を繰り返すことで純系になったタネ

です。

 

そして『固定種』は『在来種』とも呼ばれ、その土地の風土や気候に合ったものになります。

・同じ日本国内でも地域性のある多様な固定種の野菜が存在する

・味がいいものを選んでいるので、いい意味でクセがあったり本来の味が楽しめる

・タネを採取することができるので、半永久的にタネが手に入る

・成長にばらつきがあるので、長期間収穫できる

天使マーサ
天使マーサ

大量生産には合わないけど、家庭菜園には向いているわね!

ついでに知っておきたい日本のタネ事情

そもそもタネって、植物が子孫を残すために作るんですよね。

だからどんな植物でも、子孫をたくさん残そうとしてタネは結構大量なことが多い。

 

だからわたしは子供のころから、

・お店にタネが売ってあるのは「一般家庭では手に入らない品種だから」、もしくは「毎回タネをとったり、管理するのがめんどくさいから」である

・農家は商売だからめんどうとか言っていられないので、きっとタネを自分の作物から毎年採取しているはずだ

つい最近までこんなふうに思い込んでいたんです。

 

悪魔サヤ
悪魔サヤ

世のなか小学生が思うほどかんたんじゃないわ!

 

そうなんですよね。タネについてのオトナの事情をちょっと覗いてみましょう。

 

超ざっくり『タネの歴史』まとめ

【江戸時代】参勤交代で名産野菜のタネの交流が起こる。さまざまな固定種が誕生。中期以降は江戸の『滝野川』にタネ屋の集落ができる。

【明治~大正】各地のタネ屋が会社組織として大きくなっていく

【昭和20年代】大手のタネ会社により、いわゆる『F1種』の品種がぞくぞく誕生し、日本の農業に導入されていく。

【平成10年代】ホームセンターなど、一般の量販店にも『F1種』の販売が拡大

【現在(平成30年)】スーパーで売られている野菜の90%以上が『F1種』の野菜に。ホームセンターのタネも半分以上は『F1種』になってきている(当サイト調べ)

そうなんです。今の農業で使われているタネって、実はもう70年ぐらい前から基本『F1種』なんですね。

 

そして農家は毎年タネを買っているわけです。

 

もう5年ほど前ですが、わたしはこれを知ったときになんというか複雑な気持ちになりました。

マサヤ
マサヤ

日本の農家さんは、とうの昔に商売の歯車に巻き込まれてしまっていたんだな…

 

 

このへんは突っ込みだすと、世界メジャー企業とか農協の黒い影とか陰謀論的なことに発展していきます。好きな方は調べてみるとおもしろいですよ!

 

タネの世界も大手が独占

 

今の世の中は大きな会社(店)が大きくなり、小さな会社や個人商店はどんどん淘汰されていますね。

タネの世界もおなじようでして、日本国内でみると『サカタ』と『タキイ』が2強

 

そしてその日本代表である2強も世界で見れば上のグラフのとおりの弱小チームです。

 

以前は日本の各地に「タネ屋」がいて、それぞれのタネ屋が独自の『固定種』を持っていたようですが、その会社が倒産したり吸収合併されるとき、その独自の『固定種』も一緒に廃番になるようです。

 

きっともう消えてしまった『固定種』はいっぱいあるんでしょうね…

横浜市南区の日東農産種苗KKが、3/31で営業停止するそうです。
取扱商品の一部は、 群馬のカネコ種苗に営業譲渡されるそうですが、
カネコが引き受けないタネは廃番となり、世の中から消えてしまいます。
昔、みやま小かぶ種子を50L届けた思い出がありますが、全国規模で
手広く営業していた会社も、廃業していく時代なのですね。

野口のタネより

 

感想:自分の固定種を作るのが一番

タネにまつわるあれこれを書きましたが、大きな流れとして、『F1種』が『固定種』を淘汰しようとしているように見えます。『固定種』は時代に合わないですもんね。

 

すでに失われた固定種も多いと予想されます。

 

いっぽう世の中的には勢いのある『F1種』は、自然農法的な世界では嫌われがち(?)な印象。

「遺伝子異常の雄性不稔は人体に影響があるのでは?不妊と関係しているのでは?」

といった意見をちらほらみかけます。

 

悪魔サヤ
悪魔サヤ

気になるよな…種なしの食べ物って、なんか精がつかなそうだしさ

 

わたし個人としても『固定種』のほうが好きだし(味がおいしい)今からもなるべく使っていきたいですが、『F1種』の健康への被害は今のところ確たる証拠はありません。

 

F1種の場合、どちらかと言えば毎回買わなければいけないことが一番問題だと感じます。

 

そして『F1種』からでも全くタネがとれないわけではなく、少ないタネを採取していけばそれもゆくゆくは固定種になるんですね。

 

以前お話した『自給農法』の考え方に「そこにすべてがある」というのがありました。

固定種でもF1種でも、自分の畑にタネをまいて、そこからまたタネを取っていく。

どちらのタネを使おうと、とにかく『自分だけの固定種』『その畑の情報を持った固定種』を作るのが大切なんだろうと思いました。

 

天使マーサ
天使マーサ

きっと昔の農家さんはそれが当たり前だったのよね

 

それではタネのお話前編はここまでです。

後編は市販のタネの見分け方について書きます。

 

【自然農法マメ知識】いいタネの選び方後編:市販のタネで固定種を見分ける方法
今回はタネのお話後編です。 前編を読んでいない方はぜひどうぞ。 【自然農法マメ知識】いいタネ...

 

天使マーサ
天使マーサ

ポチっと押して、応援してね!!

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

 

フリーダスなつながり
RSS
Facebook
Facebook
Google+
https://freedas.net/2018/06/11/how-to-choice-good-seed-part1/
Instagram

コメント

Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial
タイトルとURLをコピーしました