自然農講座で学ぶ『自給農法』実習編④:苗作りの秘訣は「根っこの気持ち」になること

自給自足

どうも、マサヤ(@freedasinaka)です。

去る5月3日、ブロガーの玉蔵さん主催の自然農講座で学んだ『自給農法』。

 

GW中 自然農講座お疲れ様でした! | 黄金の金玉を知らないか?

 

熊本から山梨まで車で行って仕入れてきた貴重な情報をシリーズでお届けしています。

以前の記事を見ていない方は、カテゴリー『自給自足あれこれ』からどうぞ。

 

過去記事はこちら『自給自足あれこれ』

 

天使マーサ
天使マーサ

座学編は全4回。実習編も今回で4回目!できれば座学編から読んでみてね

 

実習編4回目の今回は、「苗の作り方」です。

 

苗づくりは、根っこづくり

自給農法の苗づくりについては、以前手作りポットの作り方をご紹介したときにも少し触れました。

 

自然農講座で学ぶ『自給農法』実習編②:ジャンさん直伝!手作りポットの作り方!
熊本のいなかからこんにちは。 わたくし、どうしても自給農法が学びたくて、玉蔵さん主催の自然農法講座を受けに...

 

上の図では、苗づくりに理想的な『土壌』を説明しているのですが、『通気性』と『水はけ』・『水持ち』がしっかりとしているのが理想の状態なんですね。

 

これは「健康的な根っこが育つための条件」とも言い換えることができます。

 

そしてこの苗づくりの重要性を講師のジャンさんは次のように言っていました。

「種をまいて約1ヵ月間の苗づくり期間が、その作物の一生を決める」

 

だから作物の一生を左右する苗作りでは、どれだけしっかりと根っこを作れるかがカギと言えそうです。

 

悪魔サヤ
悪魔サヤ

だけど根っこは見えないぜ…どうやっていい根っこを作ればいいんだ?

 

 

次世代土壌を活用する

根っこがつかんでいる土は、次の世代を育てるのに適した土壌微生物が豊富な『次世代土壌』である。

というのは座学編でお話しました。

 

自然農講座で学んだ『自給農法』座学編②:無肥料・無農薬でもしっかりと育つワケは?
100人いれば100通りの『エサバ』(毎日野菜が採れる畑)になる『自給農法』。 とある自然農講座で...

 

この『次世代土壌』は、良質な土壌の代名詞ともいえる『団粒構造』の土でもあります。

 

団粒構造の土壌は、『通気性』『水持ち』『水はけ』をすべて兼ねそろえているので、次世代土壌は作物を育てるのにもってこいなんですね。

天使マーサ
天使マーサ

上の図の『表土』にある根っこがつかんだ土が団粒構造の土よ!

 

それから、次世代土壌を使う理由はもうひとつ。

それは植物が育つのに適した微生物(菌)が豊富であることです。というか、植物が自分たちの子孫、『次世代』のために作っている土壌という意味ではこちらがより重要なのかもしれません。

 

自分でもこの『微生物と根っこ』に関して調べてみたら、おもしろい話があったのでご紹介します。

 

この図では植物の根を、人間でいう『消化器官』として見ています。

あの細い根っこのまわりで、人間の腸と同じように微生物(菌類)が共生していて、栄養素をやり取りしているんですね。

悪魔サヤ
悪魔サヤ

なるほど~確かに腸と根っこは同じ役割のようだな…

 

 

最近は人間の大腸がただの栄養吸収臓器ではなく、そこに住む大腸菌たちの状態によって、感情や心理面、免疫や皮膚の状態にまでかかわっていること(マイクロバイオーム)が判明してきました。

 

同じように、根っこも「ただ土から栄養吸収するための器官」ではなく、菌と共生することで地上部の茎や葉も健康に育つということだと思います。

 

人間と同じく、いくら栄養素を取り入れても、共生している菌が元気じゃないと健康になれないんですね。

天使マーサ
天使マーサ

大腸と菌の話は別の記事でも書いているから見てね!

 

最新科学が明かす『腸内細菌』の役割が革命的!そこから思う『アトピーの原因や根本治癒』
以前3回にわたって『隠れ食物アレルギー』について書きました。 そんなこんなを書いて...

 

さて、それではそんな『次世代土壌』を活かした苗作りはどうやってするのかというと、これが簡単!

雑草を土ごと抜いて、その『根土』だけを集めて苗づくりの土として、ポットに入れるだけです。

 

雑草の根土を集めて

ポットに入れて、トントンと底を地面に打ち付け、土を締める

 

ポットに合わせた環境設定

ビニールポットの場合

ビニールポットは安価で丈夫だし、大量に苗を作りたいときにはやっぱり便利です。でも根っこが健康に育つために必要な『通気性』が確保しにくいのが問題でした。

 

講師のジャンさんはこの問題に対して、土に工夫をほどこすことで対処できると教えてくれました。

 「根土に燻炭を5:5の割合で混ぜる」

実践の人であるジャンさんは、いろいろな割合で試したうえで、この『5:5』という比率がベストという結論に達したとのこと。

炭は多孔性なので、通気性や排水性を高めてくれる効果があるそうです。

 

手作りポットの場合

一方、以前ご紹介した根っこが息ができる手作りポット。

 

自然農講座で学ぶ『自給農法』実習編②:ジャンさん直伝!手作りポットの作り方!
熊本のいなかからこんにちは。 わたくし、どうしても自給農法が学びたくて、玉蔵さん主催の自然農法講座を受けに...

 

こちらは通気性が抜群なので、根土をそのまま入れてOK。

 

そして、1番いいのは土を入れたポットをさらに丸ごと土の中に植えた状態で育て、育ったところで移植することだそうです。

 

根っこがポットの穴から出ることができるので、そのまま掘って、また植えることが可能なんですね。

私は土に埋めずに複数のポットを密着させて置くことで、土の中に似た環境を作って管理しています。

 

まとめ:苗作りは根っこの気持ちになろう

・苗づくりには『通気性』『水持ち』『水はけ』を満たした土がいい

・根っこがつかんでいる土である『次世代土壌』がその条件を満たす

・次世代土壌は団粒構造で、かつ根っこと共生している菌類が豊富

・ポットの性質により、土壌や植え方を工夫するとよい

根っこが健康に育つ環境を用意してあげれば、種が「ここはよさそうだ」と根や芽を出してくれそうな気がしてきます。

 

そうです。感性で行う自給農法的に言えば、「根っこの気持ちになって土壌や環境を整える」

これができればきっといい苗ができて、良い苗は植え替えたあともしっかりとした成長が期待できるんですね。

 

それでは今回は以上です。

次回は苗の植え替えについて書きます。

こうごきたい!

 

自然農講座で学ぶ『自給農法』実習編⑤:苗は『もんじゃ焼き』のように植える!?
自然農講座に参加して知ったすばらしい農法、『自給農法』。 自分の忘備録として、また多くの人...

 

天使マーサ
天使マーサ

ポチっと押して、応援してね!!

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

 

フリーダスなつながり
RSS
Facebook
Facebook
Google+
https://freedas.net/2018/05/30/report-of-self-support-farming-training-part2-2/
Instagram

コメント

Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial
タイトルとURLをコピーしました